本文へジャンプ

みのわ町 移住定住応援サイトほどほどの田舎ぐらし

みのわを知るみのわに住むみのわで働く移住者の声空き家バンク
 
移住者ファイル
2

安田さんち

 

「ないものは作るのだ!」

 
安田さんご一家
 
安田さんの自転車
安田さんの家の様子
職業 自転車職人
世界でも数少ない
木のフレームビルダー
年齢 30代
移住年 2013年
家族構成 將晃さん
総子さん
長男
background 大阪府出身
芸術系大学を卒業後
10年間イタリアで修業
帰国後移住
箕輪町で自転車工房
「Atelier Kinopio」を起業
1日のスケジュール 8:00 起床・朝食
10:00 制作作業開始
13:00 昼食
14:00 制作作業
20:00 夕食
     お子さんをお風呂に
21:00 制作作業
24:00 就寝
 

移住のきっかけは?

「結婚ですね。海外経験のあるかみさんと意気投合し、広々とした伊那谷あたりで住む場所を探していました。」
「この家に決めたのは『ここだ!』と直感したから。そこの交差点を曲がって、りんご畑の横を下ってきた時。まだ家も納屋も見ていなかったけれど、このあたりの雰囲気が暮らしていたイタリアの田舎に似ていて即決です。その後家を見たらボロボロで、『これ、手ぇかかるぜ、おい!』ってなりましたけどね。」

セルフビルドのおうちはいかがですか?

「価値観の違いの一つだと。新築の何千万の家を買って、ローンを払い続ける。楽しみながらボロ屋を改造していく。自分は後者が好きなのでそうしてます。」

なりわいのある方の田舎暮らしについては?

「毎日会社に通勤しなくてもいい人は、もっと地方に出てきていいんじゃないですかね。要は東京の会社にメールができればいいでしょ?自分の仕事は正直お金儲けにならない。でも自分は好きな『自転車』を先に選んだから、それに合ったライフスタイルをしています。」

移住で大変なことは?

「冬の寒さだけですね。ボロ屋=寒いです。でも薪は地域の伐採の手伝いに行って分けてもらっているので、助かってますよ。」

What's your dream?

「天竜川沿いに『しまなみ海道』に並ぶ自転車トレイルを作りたい。源流の諏訪湖から堤防沿いに道を作って、海まで出る。もちろん帰りは飯田線に乗りますよ。」

自転車制作中の安田さん
楽しみながらリフォーム
 
ページの先頭へ